会社設立の利点


法人設立のメリットは、信頼性が増すということが挙げられます。顧客からの信頼性が増すことはもちろんのこと、金融機関からの評価が上がることもメリットになっています。個人事業主の場合には、かなりの資産がないと融資を受けられませんが、法人設立をしてある程度大きくなれば、比較的融資を受けやすくなります。また、個人事業主の場合には、クレジットカードやカードローンに申し込んでも断られるケースが多いですが、法人設立をして、会社の役員となれば、断れる可能性を減らすことができます。

フリーランスなどの場合には、本当に働いているのかを疑ったり、実態があるのかどうかを疑われたりすることもあります。すると、結婚やお見合いなどの場でも損をすることが多いです。しかし、法人を設立して、きちんとした会社を持っていれば、実業家として、高い評価が得られることも珍しくありません。世間体や評判などを良くしたいなら、法人設立すると良いでしょう。

一方、今現在、何処かの会社に属して働いている人が独立をして自分で事業を立ち上げることを決心した場合、会社設立をして事業を運営していくか個人事業主として運営していくかのふたつの道を選択することになります。事業を立ち上げるというとどうしても会社という組織を連想してしまいがちですが、必ずしも会社設立をする必要はありません。個人事業主のまま、事業を運営していくことも可能なのです。
会社設立をした場合、社会的な信用力が増します。そのため、会社設立によって法人化した場合、事業の運営資金を銀行などの金融機関から調達しやすくなるというメリットがあります。個人が融資を受ける時よりも会社という法人であったほうが融資を受けやすいのです。
また、事業が成長していく過程で人材を増やしていく場合にも、法人であるという社会的な信用力は大きく影響してきます。
会社設立によるメリットはこの他にもさまざまありますが、一概に全ての面で会社設立が有利だとは限りません。事業の規模や収益などによって個人事業主のほうが有利な面もあるのです。